Evernoteの容量を増やす

Evernoteは単なるデジタルノート以上に便利に活用しています。

Evernoteに直接打ち込む単純なメモ書きにとどまらず、紙の書類をスキャンしたPDF、作成したWord、ExcelのファイルもEvernoteに放り込んでいます。

さらに以前はDropBoxで管理していた文書以外のファイルもEvernoteで管理するようになりました。Evernoteのノートにファイルを添付すると当然ながらファイルに関する説明文を書き込むことができ、Evernoteで簡単にファイルを検索できるからです。

ただし、1つのノート容量には制限(無料アカウント:25MB、有料アカウント:200MB)があるのと、Evernoteのデータベースサイズが大きくなると重くなるため、大きいファイルの管理には向きませんが。

このようにファイルをEvernoteで管理していると、月間アップロード容量60MBという無料アカウントの制限をすぐにオーバーします。

プレミアム契約をするのが一番簡ですが・・・

無料アカウントの制限を回避する一番簡単な方法はもちろんプレミアム契約をすることです。

プレミアムなら月間アップロード容量は10GBです。

しかし簡単ではあるのですが、月額600円、または年額5,200円がかかります。

クレジットカードを登録し、使っても使わなくても継続的に料金を引き落としされるのはどうも抵抗があります。

しかも毎月10GBのアップロードなんて普通の使い方ならまず使いきれません。

月によっては60MBを超える、という程度なのにプレミアム契約は大げさすぎます。

Evernoteポイントでプレミアム会員になる

Evernoteにはポンイト制度があり、10ポイントあると1ヶ月間、プレミアム会員になれます。

つまり、ポイントを獲得し、月間アップロード容量が60MBを超える月だけ10ポイント使ってプレミアム会員になることができます。

このポイントを獲得する方法はいくつかあります。

Evernote招待プログラム

EVERNOTE に友達を招待のページから知り合いにメールを送り、知り合いがEvernoteをインストールすると10ポイントもらえます。

これがEvernote招待プログラムです。

ただし、Evernote招待プログラムでポイントがもらえるのは3回まで(30ポイントまで)です。

Evernoteプレミアムパック

Evernote招待プログラムで制限いっぱいの30ポイントを獲得したら、プレミアム契約するしかないのか?

答はノーです。Evernoteプレミアムパックという製品が売られています。

この製品にはEvernoteのEvernoteの「プレミアムコード」が入っています。

既存のEvernoteアカウントに「プレミアムコード」を適用すると1年、または3年間、プレミアムが適用されます。

そして、Evernoteプレミアムパック3年版は7,200円(税抜)です。

3年版なら1ヶ月あたり約200円でプレミアム会員になれることになります。

  • 3年版7,200円 ÷ 36ヶ月 = 200円/月

Evernoteプレミアムパック1年版でも2,980円(税抜)です。

1年版でも1ヶ月あたり約248円です。

  • 1年版2,980円 ÷ 12ヶ月 = 248円/月

逆にEvernoteプレミアムパックに対する公式サイトでもプレミアム契約のメリットは見つけられません。